東京都小金井市の物件調査に行ってきました!

公開日:

カテゴリー: 仕事に関すること  タグ: 

Y様よりご依頼頂いた件で東京都小金井市に物件調査へ行きました。

行政が変われば調査も変わる!

今回はどんな新しい発見があるか楽しみにしてました(*^^*)

 

小金井市には今まで足を運んだことは無かったと思います。ふじみ野市から車で1時間ほど。

“緑が多くて景観が整った街”というのが第一印象です。高層建築物が少ないため、圧迫感がなくて空の広い印象ですね。

坂も少ないので年を取ってからも住みやすいと思いました。正直、私も小金井市だったら住みたいなぁと思ってしまうくらい好感度の高い街でした。

 

肝心の物件調査ですが、上水道については東京はいくつかのサービスセンターに集中管理させているため役所では調査が終わりませんでした。

でも他の調査項目については思いの外スムーズに調査も進み、役所の方の対応も本当に良かったです!

時々トゲのある市町村があるんですが、小金井市の役所は おっとりしている方が多いですね。

 

この日は、まずは物件現地。物件の状態を視覚的に確認してきました。Googlemapでも物件の外観とかは分かりますが、ブロック塀が隣家とずれていないか、ずれていればセットバックが絡む。境界を越境している物はないか。近隣の雰囲気に問題はないか。道路の舗装状況は問題ないか。境界標が目視確認できるか。

などなど、現地に足を運ばないと見えないもの感じられないものを、最初に確認しに行きました。

次は法務局。

物件の所有関係を登記簿謄本で確認です。

特に前面道路の所有権を調べるのと、何筆にも細かく別れていないか等を確認します。

そして最後に役所調査です。

役所窓口では書類上把握しているデータと現場でのデータが異なることはありますので、こちらが現地確認・法務局確認を済ませていれば具体的な打ち合わせができます。また問題になりそうな事もこの場で発見できるので、事前に現地や法務局調査は必須です。

 

このようなスケジュールで調査を行ってきました。

約7時間ほどの調査でした。必要であれば再度現地に足を運ぶ事になると思います。

 

小金井市、本当に良い街でした!

 

K.tamura